家庭用製氷機!氷代の節約 - 酒が好き!家庭菜園に夢中!

この夏 一押しの商品!

一押しの商品をピックアップ!
早い者勝ち!
赤霧島 最安値!
超フルーティー!
ゴールドラベル
紫王道 無濾過!
ムラサキマサリ仕込
薩摩の風!
値上がる前に。。。
フレッシュベジ!
簡単ハーブ作り
ストリームガーデン!
水耕栽培キット
自動水やり器!
旅行中も安心!
家庭用 製氷機!
10分で氷が作れる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ ←ポチポチ!応援よろ(^^)/



家庭用製氷機!氷代の節約

家庭用 製氷機の検討


水道直結不要の家庭用製氷機についての情報をまとめています。

家呑してると、氷代も馬鹿になりません。

ハイボール、ホッピー、水割りで、容赦なく氷を消費していきます。

冷蔵庫の自動製氷機の氷も使っていますが、消費量をまかなうことができず、コンビニに走る日も多いです。

年間の氷代


我家での年間の氷代をざっくり計算してみます。

<7月?9月>
氷1kg: 200円 x 30袋 x 3カ月 = 18000円

<10月?1月>
氷1kg: 200円 x 5袋 x 9カ月 = 9000円

年間 27000円 高い!



家庭用製氷機の調査


国内メーカーからは、小型の製氷機は販売されていません。

多くの冷蔵庫に自動製氷機がついているので、製氷機単体の需要があまりないからでしょう。

業務用の水道直結式のものならホシザキやサンヨーが製造してますが、価格も10万円以上します。一般家庭に向かないですね。

アメリカや中国などでは、家庭用製氷機(Portable Ice Maker)が多数販売されています。

次のネットショップには製氷機の比較表があります。ちなみに、このショップは日本への配送は行っていません(参考情報)。

http://www.air-n-water.com/compare-portable-ice-makers.htm

価格は、$180(15000円)から$300(24642円)ぐらいで販売されています。
レート:$1 = 82.14円


Amazon USAで見積もってみる


国内からの購入はAmazon USAがお手軽ですね。

次の製品はAmazon USAで売っていて海外への配送が可能なものです。

家庭用製氷機

http://www.amazon.com/Sunpentown-Portable-Ice-Maker-Black/dp/B002R3BYJY/

<主仕様>


Sunpentown Portable Ice Maker
製氷能力:11kg/24時間
製氷間隔:10分
水タンク:1L

<見積>


円高なので、お手頃価格ですね。見積もり時のレートは、$1=82.34
商品代金よりも、送料と税金の方が高くなってしまいました。

-------------------------
商品代金:16752円
送料・諸経費:16649円
税金:1670円

合計:35071円
-------------------------
amazon icemaker
(画像クリックで拡大できます)


変圧器


日本とアメリカでは電圧が違うため、変圧器をかまさないで使うと本来の性能が発揮されません。

50Hzの地域ではさらに性能が低下します。

推測ですが、変圧器をかまさなくても製氷されると思います。

製氷間隔が数分延びるだけではないでしょうか。。

パワー不足で本来の性能を引き出したいときは、アップトランスタイプの変圧器でAC100Vを製氷機に対応する電圧AC115?120V(60Hz)にあげる必要があります。

変圧器によって使える容量(ワット数)が決まっていますので、製氷機が最大で使用する定格容量の3倍のよりも大きいものが必要になります。

モータ製品は、起動時に大量の電流を使用するそうです。

いくつかの製氷機を確認しましたが、400Wが主流のようです。

接続:電源コンセント⇔変圧器⇔製氷機

変圧器


http://www.devicenet.co.jp/store/shop/mobile/item/dtl/ti-19.html

変圧器の価格
1500W:15000円から

プラグは日本とアメリカ共通のAタイプです。プラグ変換アダプタは不要です。


電気代


最大使用電力400Wの製氷機を
1日1時間使用した場合の1カ月の電気代は、

最大約280円 (常にフルパワーで動くことはないはず)

電気代シュミレーター
http://www.ienakama.com/tips/page/?tid=353

損か得か


家庭用製氷機の初期導入費として約50000円かかるので、2年間壊れずに使うと元を取れることがわかりました。

<メリット>

・氷代がかからなくなる

・氷不足から解消され、コンビニに走らないで済む

・コンビニでついでに余計なものを買わずに済む


<デメリット>

・故障した場合、修理に出せない(いろいろ面倒)。

・初期導入費がちょっと高い。



楽天・アマゾンジャパンでも取り扱われている


国内の楽天・アマゾンでも、家庭用製氷機(ポータブルアイスメーカー)を見つけることができました。

個人輸入よりも、値段が高くなりますが、

価格の上乗せ分は、輸入代行手数料と考えれば納得いける価格ではないでしょうか。

以下の商品は、AC100Vでの動作確認済みとのことです。

楽天市場




amazon


関連記事
にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ ←ポチポチ!応援よろ(^^)/



水耕栽培で驚異の大収穫!

ミニトマトを大量収穫できます!
ホームハイポニカ!
今話題の水耕栽培キット!
ホームハイポニカ!
キッチンで簡単にハーブを水耕栽培!
フレッシュベジ!
水耕栽培の液肥はコレが一番!
ベジタブルライフA!
コメント
非公開コメント

いつも応援ありがとうございます。

No title

はじめまして、いつも貴重な情報をありがとうございます。

質問なのですが、このポータブル製氷機を使った場合、おいしい透明の氷はできますか?それとも、しろっぽく変な風味がついてますでしょうか?

どうか出来上がった氷の感想をお教えください

それでは失礼致しました。

2011-09-09 23:15 | from にそにそ | Edit

にそにそさんへ

白い氷になります。

急速で凍らせるため、気泡が抜け切れません。

2011-09-12 12:09 | from おだとも

トラックバック

http://loveisover123.blog66.fc2.com/tb.php/149-e9567d23

ブログパーツ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。